川崎こそSOHO賃貸スタート向けの街ではないかな

SOHOとは意味がわかっているようで、あいまいな言葉です。

SOHOとはSmallOfficeHomeOfficeの略で、通信機器等を使って自宅で仕事をする就業形態全体を指すことが多く、内職、在宅ワークも含む場合があります。

しかし、前向きに意味するところは、本格的に会社を起こすのは資金もかかるため、最初は小さな賃貸の一室でスタートするという感じです。


会社人間から卒業して、SOHOスタート、あなたも経営者



会社で働いていて、最初は多くの思いや期待を抱いて入社したにも関わらず、時々自分の思いと違った決断がなされた時の違和感や、違うだろという憤りとか。

自分の時間の多くを使わなくてはいけない仕事の量とか。
自分ならこうするのにと考えてしまいませんか。

そう、自分の思いを追及するには自分で仕事=会社をおこすのが近道です。

そんな時に利用したいのが、賃貸形式のSOHOのスタートです。
思っているだけでは具体化しません。
まずは借りてしまって、既成事実を作って前に進めば良いのです。


なぜ川崎をえらぶのでしょうか?それは立地と賃料です。



賃貸でSOHO物件探すときに考えて欲しいのはその立地。
ネットが発展した今ではどこにいても繋がっていられますが、やはり会って確認したい時もあります。

そんな時に交通の便が良く、賃料の比較的安い場所がなにより。

都心は便利だけど賃料高いからと、横浜にしてみても、それなら川崎の方が東京にも、羽田にも近い。
商業施設も豊富にあって、電車網も充実。

川崎市内じっくり探して下さい、賃貸SOHO向けのワンルームがたくさんありますので。


さてさて、SOHO開始したくなってきましたか?でも焦りは禁物。
じっくり考えて、機会を見てスタートします。
最初は賃貸の小さなオフィスから、時間をかけて育てて行けば良いのです。
そしてその場所はできれば川崎をお勧めします。

さあ、前に踏み出しましょう。